きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

老眼を予防するには?簡単にできる目のケア10選をあなたにお届けします。

眼をこする中年男性

 

いつまでもスッキリとした視界を維持するのに

老眼は加齢に伴って誰もが経験するかもしれない目の状態ですが、適切なケアによってその進行を遅らせたり、症状を軽減することができます。ここでは、「老眼を予防するには?簡単にできる目のケア10選」をテーマに、読者の方々が日常生活で簡単に取り入れられるアドバイスを提供します。

 

1. 目の休息は絶対必須!20-20のルールでデジタル眼精疲労を撃退

デジタルデバイスの使用は避けられない現代。20分ごとに画面から目を外し20秒間遠くを見る「20-20ルール」を実践し、目の休息を取り入れましょう。これを実施することにより、目の焦点を近くばかりに固定せず、適度に遠近を見ることによって、目の筋肉のこわばりを予防できます。この簡単な習慣で、デジタルによる眼精疲労を大幅に軽減できます。

 

疲労を感じるビジネスパーソン

 

2. 明るさを調整して、読書とデバイス使用をもっと快適に

適切な照明のもとで読書やモバイルやパソコンなどのデバイスの使用を行うことは、目の健康にとって重要です。強すぎず暗すぎない、目に優しい環境を整えることで、目の疲れを効果的に防ぎましょう。

 

3ブルーライト対策:メガネは万能薬ではない!

デジタルスクリーンからのブルーライトは、目の疲れの大きな原因です。ブルーライトをブロックする眼鏡やスクリーンフィルターの使用で、目を保護し、眼精疲労を軽減しましょう。

 

ただし、このブルーライトカットメガネについて疑問を呈している意見もあります。アメリカの科学誌「AMERICAN ACASWMY OF OPHTHALMMOLOGY」の2021年3月10日の発表によると、ブルーライトカットメガネによる効果についての証拠が不足していて、どちらかと言えば、上記の「20-20ルール(本文ではこれに加え20フィート先を見る事を推奨する「20-20-20ルール」)」を推奨しています。

 

またこれらの論文に続き、日本国内の日本眼科学会は「小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見」という発表を2021年4月に発表しています。

 

これによれば、夕方以降のブルーライトを遮断することによる睡眠の改善は示唆されているものの、実は太陽光にもブルーライトが含まれており、小児の心身の健全な成長に必要な太陽光もカットしてしまうリスクを伝えています。

 

紫外線対策としてのブルーライトカットメガネ

実は紫外線は真夏よりも暑くなる前の4月くらいから徐々に紫外線が強くなってきます。そしてその紫外線は私たちの体に多くのダメージを与えてしまいます。

 

肌には日焼け止めや帽子、目にはサングラスなどで紫外線対策していらっしゃると思います。紫外線は肌ではシミやそばかすの原因に、目では老眼の原因にもなります。

 

ただ、営業や接客業ではサングラスを着用するのは日本では難しいのが現状です。そんな中、一般的なブルーライトカットメガネの多くには、紫外線をカットするUVカット機能がほぼついています。この為、ブルーライトではなく、仕事中の紫外線対策としてのブルーライトカットメガネは有効かもしれません。

 

私自身も接客中にサングラスを着用する訳にはいかないので、ブルーライトカットメガネを愛用しています。実際の体感としては、外出時にブルーライトカットの有無で、着実に目へのダメージの差を実感しております。

 

なお、ブルーライトカットのレンズは2種類ございます。

  • 反射タイプ:ブルライトを含めた光線を反射するレンズを使用
  • 吸収タイプ:ブルーライトを吸収してくれるレンズを使用

この2種類の内、反射タイプは後方からの光を反射して目に届ける為、若干のちらつきを感じます。吸収タイプではちらつきによる違和感はないので、吸収タイプのレンズをお薦めします。なおUVカット機能については、購入前に店員さん、もしくは販売サイトにご確認ください。

 

ブルーライトではなく、接客などサングラスを着用しにくい状況でのブルーライトカットメガネは、老眼対策として有用です。

 

 

ブルーライトカットメガネ

 

4. 目に良い食事で視力ケア!ビタミンとミネラルを賢く摂取

目の健康には、ビタミンA、C、Eやオメガ3脂肪酸が豊富な食品の摂取が欠かせません。にんじんやほうれん草、サーモンなど、目に良い栄養素を含む食材を積極的に食事に取り入れましょう。

 

栄養素とその効果

  • ビタミンA: 角膜を健康に保ち、夜間の視力をサポートします。ビタミンAは、網膜の健康維持にも重要です。
  • ビタミンC: 抗酸化作用があり、目の細胞をフリーラジカルから守ります。網膜の血管の健康をサポートします。
  • ビタミンE: 強力な抗酸化作用を持ち、目の細胞をフリーラジカルのダメージから保護します。
  • ルテインとゼアキサンチン: 網膜の中心部、黄斑を保護し、ブルーライトから目を守ります。
  • オメガ3脂肪酸: 目の乾燥を防ぎ、網膜の機能をサポートします。

おすすめの食事と食材

  • にんじん: ビタミンAが豊富な食材です。生のままサラダに入れたり、スープや煮物に加えることで、日常的に摂取しやすいです。
  • ほうれん草: ルテインとゼアキサンチンが豊富で、目の健康をサポートします。サラダやスムージー、おひたしで簡単に取り入れられます。
  • サーモン: オメガ3脂肪酸が豊富で、目の乾燥や炎症を防ぐ効果が期待できます。グリルやスモーク、サラダにして楽しめます。
  • 柑橘類: ビタミンCが豊富で、目の細胞を健康に保つのに役立ちます。朝食にフレッシュな果物として、またはジュースとして取り入れられます。
  • アーモンド: ビタミンEが豊富で、スナックやサラダのトッピングとして手軽に摂取できます。

これらの栄養素を含む食事や食材を日常的に取り入れることで、老眼の予防につながるだけでなく、全体的な目の健康を維持することができます。バランスの良い食事を心がけ、目に良い食材を積極的に取り入れましょう。

 

ほうれん草の詳しい健康効果についてのブログはコチラから←

 

 

5. 水分補給と目の健康:メグスリノキ茶で老眼予防

十分な水分補給は、全身の健康はもちろん、目の健康にも欠かせません。体内の水分が不足すると、目の乾燥や疲れを感じやすくなり、これが老眼の進行や視力低下のリスクを高めることにつながります。普段から適切な水分を摂取することは、目の潤いを保ち、疲れ目や乾燥目を予防する上で重要です。

 

メグスリノキ茶の利用が注目されています。メグスリノキ茶は、目の疲労感を和らげるだけでなく、目の健康をサポートする成分を含んでいるとされています。特に、目のストレスや疲労に効果的な成分が含まれており、定期的な摂取が推奨されています。また、メグスリノキに含まれるロドデンドロール成分は、肝臓障害の予防効果があり、肝臓と目の健康をつなぐ役割も果たしていると考えられています

 

メグスリノキ茶の利点の一つは、カフェインを含まないことです。そのため、就寝前でもリラックスして飲むことができ、睡眠の質を損なう心配がありません。また、メグスリノキ茶は、目を酷使する作業の前後に飲むことで、目の疲れを予防する習慣として取り入れることができます。

 

ただし、メグスリノキ茶に含まれるタンニンが鉄分の吸収を妨げる可能性があるため、貧血気味の方や鉄分を積極的に摂取する必要がある方は、摂取量に注意が必要です。

 

メグスリノキ茶は独特の風味を持ち、木の香りや苦みを感じることがあります。そのため、味に慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、健康的な水分補給として、また目のケアとして取り入れる価値は大いにあります。

 

適切な水分補給を心がけることで、目の乾燥や疲労を予防し、健康な目を保つことができます。メグスリノキ茶を日常の水分補給に加えて、目の健康をサポートしてみてはいかがでしょうか。私も朝にメグスリノキ茶のティパックと熱湯を保温ポットに入れて、いつでも飲めるようにしています。そのお陰か40歳を越えても、目の不調はございません。

 

メグスリノキ茶が入った保温ポット

 

6. 目のエクササイズで視力サポート!簡単な運動で目の筋肉を鍛える

目のエクササイズは、目の筋肉を強化し、視力のサポートに役立ちます。簡単な目の運動を日常に取り入れて、目の疲れを和らげ、健康を維持しましょう。

 

目のエクスサイズ」で検索しますと、多くの情報が出てきますので、その中で自分にあった目のエクスサイズを選んで実践してみましょう。

 

7. 禁煙は目の健康のためにも!喫煙が視力に与える影響とは?

禁煙は目の健康にも大きな利益をもたらします。喫煙は多くの眼病のリスクを高める一方で、禁煙によってこれらのリスクが軽減される可能性があります。実際に、禁煙はせきやたんなどの呼吸器症状の改善、呼吸器感染症のリスク低下につながり、肺機能の改善が見られます。これらの変化は、目の健康の改善にも寄与するとされています​​​​。

 

また、禁煙は日常生活の質の向上、顔色や胃の調子の改善、目覚めのさわやかさなど、身体全体の健康状態を改善する効果があります。このように、禁煙は目を含む全身の健康をサポートし、より健康的な生活を送るための重要なステップです​​​​。

 

より詳細な情報は、国立がん研究センター​​と厚生労働省のe-ヘルスネット​​で確認できます。

 

禁煙

 

8. 目の検査を定期的に!早期発見で老眼リスクを低減

定期的な目の検査は、老眼を含む目の病気の早期発見に不可欠です。年に一度は眼科を訪れ、専門的なチェックを受けましょう。

 

なお、これは目に限らず、定期的な検査は健康寿命を延ばす上に必要不可欠な習慣になります。

 

9. 質の良い睡眠で目を休める!睡眠不足が視力に与える影響

質の良い睡眠は目の健康を保つ上で非常に重要です。十分な休息を取ることで、目の疲れを回復し、健康を維持しましょう。

 

睡眠の質の向上のために、寝る前の飲酒や、スマホなどのデバイスを控え、快適な寝具を揃えることも重要となります。

 

10. ストレスフリーで目の健康を!ストレスが視力に与える影響と対策

ストレスは目の健康に悪影響を及ぼすことがあります。リラクゼーション技法や趣味を通じて、ストレスを効果的に管理し、目の健康を守りましょう。

 

これらのケア方法を実践することで、老眼の予防と目の健康維持に役立ちます。日々の生活にこれらの習慣を取り入れ、健康な目を目指しましょう。

 

老眼予防まとめ:視界クリア!老眼を予防するために

老眼予防のための日常的な取り組みは、いつまでもスッキリとした視界を維持する上で重要です。以下はその要点です

 

  1. 目の休息: デジタルデバイスからの目の休息は必須です。定期的な休憩を取り、遠くを見ることで目の焦点を調整しましょう。
  2. 適切な照明: 読書やデバイスの使用時には、目に優しい照明を心がけることで目の疲れを軽減します。
  3. ブルーライト対策: ブルーライトカットメガネは一つの対策ですが、その効果には異論もあります。日中の適度な太陽光の摂取も大切です。
  4. 目に良い食事: ビタミンA、C、Eやオメガ3脂肪酸を含む食品を積極的に摂取しましょう。
  5. 水分補給: 十分な水分摂取は目の潤いを保ち、乾燥や疲労を予防します。メグスリノキ茶は目の健康に良いとされていますが、タンニンの影響に注意が必要です。
  6. 目のエクササイズ: 目の筋肉を鍛えることで、視力をサポートしましょう。
  7. 禁煙: 喫煙は目の健康に悪影響を及ぼします。禁煙はせきやたんの改善など、目の健康改善につながります。
  8. 定期的な目の検査: 老眼を含む目の病気の早期発見には、定期的な検査が不可欠です。
  9. 質の良い睡眠: 十分な睡眠は目の疲れを回復させ、健康を維持します。
  10. ストレス管理: ストレスは目の健康に影響を及ぼす可能性があるため、リラクゼーション技法などで効果的に管理しましょう。

これらの習慣を日々の生活に取り入れることで、老眼のリスクを減らし、目の健康を維持してクリアな視界を維持することに寄与します。せっかくの人生、普段酷使しがちな目をケアして、末永く視界良好で過ごしましょう。

 

スッキリとした青空

 

 

 

関連情報

確かな目利きの食品販売 - きくや

きくや

長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

屋号 株式会社きくや
代表者名 城戸 憲司(キド ケンジ)
住所 東京都葛飾区柴又6-35-6
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝祭日
E-mail info@kikuya0029.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集

きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

店舗:東京都葛飾区柴又4-10-1
【店舗の営業時間は15~17時】

03-3657-0029

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 日曜日・祝祭日

error: Content is protected !!