きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

ほうれん草の驚くべき栄養価をご紹介:毎日の食卓にほうれん草を加えるべき理由とは?

ベーコンとほうれん草のソテー

ほうれん草のパワー:必須栄養素の宝庫

ほうれん草は、その鮮やかな緑色からも想像できるように、驚くべき栄養素を豊富に含んでいます。一般的な野菜と比較しても、その栄養価の高さは際立っています。

 

同じく葉野菜「小松菜の健康効果」ブログはコチラから←

 

豊富なビタミン

まず、ほうれん草はビタミンの宝庫です。特にビタミンA、C、Kが豊富で、これらは体のさまざまな機能に必須です。ビタミンAは視力の維持や免疫機能の強化に寄与し、ビタミンCは抗酸化作用を持ち、免疫システムをサポートします。また、ビタミンKは血液凝固に重要な役割を果たし、骨の健康維持にも不可欠です。

 

ミネラルの供給源

ほうれん草は、鉄分、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも豊富に含んでいます。鉄分は貧血予防に役立ち、カルシウムは骨や歯の健康をサポートします。マグネシウムは筋肉や神経機能の維持に関わり、カリウムは血圧の調節に有効です。

 

抗酸化物質で健康をサポート

さらに、ほうれん草には豊富なフラボノイド(植物に含まれる色素や苦味、辛味成分の総称)などの抗酸化物質が含まれており、体を活性酸素からのダメージから保護します。これらの抗酸化物質には、ルテインやゼアキサンチンが含まれ、特に目の健康をサポートする効果があります。

 

低カロリーでダイエットにも最適

ほうれん草は低カロリーでありながら栄養価が高いため、ダイエットや健康的な食生活を目指す人にも最適です。カロリーが低いため、たくさん食べても体重管理に役立ちます。また、ほうれん草にはその葉緑体の中にチラコイドという成分が含まれています。このチラコイドは食欲を抑制する効果がありますが、ほうれん草含めて食品に含まれるチラコイドは微量なので大きな影響は与えません。ダイエットにはほうれん草を含めて、バランスの良い食事を心掛ける必要があります。

 

この様に、ほうれん草には、豊富な栄養素が含まれており、普段の食事に取り入れたい野菜の一つになります。

 

 

エネルギー たんぱく質 脂質 食物繊維総量 炭水化物
18kcal 2.2g 0.4g 2.8g 3.1g
カリウム カルシウム マグネシウム リン
690mg 49mg 69mg 47mg 2mg
亜鉛 マンガン ヨウ素 セレン
0.7mg 0.11mg 0.32mg 3μg 3μg
β−カロテン ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2
4200μg 2.1mg 270μg 0.11mg 0.2mg
ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 ビタミンC
0.6mg 0.14mg 0μg 210μg 35mg

ほうれん草 栄養成分100g当たり【出典:文部科学省 日本食品標準成分表(八訂)増補2023年】より

 

ほうれん草のキッシュ
驚異の健康効果:ほうれん草があなたの体にできること

ほうれん草には、その含まれている栄養素によって、心臓病や糖尿病のリスクを低減するなど、様々な健康効果を持っています。例えば以下の通りになります。

 

心臓病リスクの低減

  • ほうれん草に含まれるカリウムは高血圧を下げる効果があり、心臓病のリスクを減少させます。
  • ほうれん草の抗酸化物質が動脈の健康を支え、動脈硬化の予防に役立ちます。

糖尿病リスクの管理

  • ほうれん草に含まれるアルファリポ酸という抗酸化物質は、インスリン感受性を高め、血糖値の管理に寄与します。
  • ほうれん草の高い食物繊維含有量が血糖値の急上昇を防ぎ、糖尿病リスクを低減します。

がん予防効果

  • ほうれん草に含まれるビタミンAとCは抗酸化作用があり、活性酸素による細胞のDNA損傷を防ぎ、がん細胞の成長を抑制する効果があります。
  • ほうれん草の食物繊維が腸内環境を整え、特に大腸がんのリスクを減少させる可能性があります。

老化防止効果

  • ほうれん草に含まれるビタミンEとルテインは細胞の酸化を防ぎ、皮膚の老化を遅らせる効果があります。
  • ビタミンCはコラーゲンの合成をサポートし、肌のハリや弾力を保つのに役立ちます。

以上のことから、ほうれん草は心臓病や糖尿病のリスクを低減するために有効な食品であり、バランスの取れた食事の一部としてがん予防や老化防止に効果的なほうれん草は積極的に取り入れた方が良い食材です。

 

ほうれん草の胡麻和え

 

ほうれん草の調理法:栄養を最大限に活用する方法

ほうれん草には、鉄分、ビタミンA、C、K、葉酸など、多くの栄養素を含んでいます。これらの栄養素を最大限に活用するには、調理方法に注意が必要です。また同じくほうれん草にはシュウ酸も含まれています。シュウ酸は、過剰に摂取すると体内のミネラル吸収を阻害する可能性があります。また結石が体内に出来る要因にもなり得ますので、なるべく少なく摂ることをお奨めします。

以下に、ほうれん草のシュウ酸の影響を抑えつつ、栄養価を保ち、美味しくいただくための調理法をご紹介します。

 

茹でる

茹でることの効果: 茹でることでシュウ酸の一部を水に溶出させることができます。茹でた後のお湯は捨てましょう。茹で時間は短く、ほうれん草の色が鮮やかな緑色に変わったら、すぐにお湯から取り出し氷水などで冷却し、ほうれん草に火が通りすぎるのを防止するのが良いでしょう。

ゆで時間を短くする事によって、水溶性のビタミンであるビタミンB群やビタミンCの流出を最小限にしつつ、ほうれん草に含まれるシュウ酸の量を減らすことができます。

 

蒸し料理

蒸すことの利点: 蒸し料理は、水に溶け出しやすいビタミンやミネラルの損失を最小限に抑えることができます。蒸し時間は短めに設定し、ほうれん草の鮮やかな緑色を保ちましょう。ただし、この場合、栄養素の減少も防げますが、シュウ酸を減らす効果も少なくなります。

 

サラダ

生での摂取: 生のほうれん草は、ビタミンCを最大限に保持しています。サラダとして新鮮な状態で食べるのが最適です。レモン汁やオリーブオイルを少し加えることで、ほうれん草に含まれる鉄分の吸収を助けることができます。この場合、シュウ酸の少ない品種である「生食用ほうれん草」を利用するようにしましょう。

 

炒め物

短時間の炒める: 炒め物は、ほうれん草の風味を引き出し、軽く調理することで栄養素を保持します。強火で短時間炒めることがポイントです。ニンニクや香辛料と合わせると、風味豊かな一品になります。シュウ酸の影響が気になる場合は、短時間茹でてから炒めると良いでしょう。

 

スムージー

生のままミックス: スムージーにすることで、生のほうれん草の栄養素をそのまま摂取できます。フルーツやヨーグルトと一緒にミックスすると、飲みやすく栄養バランスも良くなります。 スムージーにする場合も、シュウ酸を含むことを考慮し、過剰摂取を避けるようにしましょう。他の食材とバランスよく組み合わせることが大切です。

 

これらの方法を取り入れることで、ほうれん草の栄養価を最大限に活用しながら、毎日の食卓を豊かにすることができます。シュウ酸を摂取し過ぎると結石の原因になりえますので、出来れば最初に茹でて利用することを推奨します。もしくは生食用にシュウ酸が少なく品種改良された生食用ほうれん草を利用するようにしましょう。ほうれん草を使ったレシピを工夫し、健康的な食生活を楽しみましょう。

 

サラダほうれん草

 

ほうれん草の栽培:自宅で始める健康的な趣味

ほうれん草は、栄養価が高く、自宅でも比較的簡単に1か月くらいで栽培できる野菜です。自宅の庭やプランターで手軽に始められるほうれん草の栽培について、基本的なガイドとコツを紹介します。

 

栽培の準備

選ぶ種類: ほうれん草にはいくつかの品種があります。早生種、晩生種、耐寒性のある種類など、自分の地域の気候や栽培の目的に合わせて選びましょう。
土壌の準備: ほうれん草は排水の良い肥沃な土壌を好みます。十分な有機物を含んだ土を用意し、適度に水はけの良い場所や土を選びましょう。

 

種まきと苗の植え付け

種まきのタイミング: ほうれん草は寒さに比較的強いので、春または秋に種をまくのが適しています。気温や土壌の状況を考慮して、適切な時期を選びましょう。
苗の植え付け: 種を直接まく方法の他に、苗を植える方法もあります。苗を植える場合は、根がしっかりと土に馴染むように注意してください。

 

水やりと管理

水やり: ほうれん草は水分を好む野菜ですが、過剰な水やりは避けましょう。土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

肥料: 成長期には、窒素を多く含む肥料を適宜与えることが大切です。しかし、肥料の与えすぎは避け、バランス良く管理しましょう。

 

ほうれん草の収穫

収穫のタイミング: 葉が十分に大きくなって草丈が20㎝程度になったら収穫の時期です。葉が柔らかい内に収穫すると、より美味しくいただけます。また食べる直前に収穫すると栄養素を減らすことなく摂取することができます。

継続的な収穫: 一度に全ての葉を収穫するのではなく、必要な分だけを収穫することで、継続的に収穫を楽しむことができます。

 

病害虫の予防と対策

予防対策: 定期的に畑をチェックし、病気や害虫の兆候を早めに発見しましょう。特に乾燥が強い冬季に害虫が付きやすいので、気づいた時に速やかに、その害虫に適した農薬を散布しましょう。(農薬購入時は必ずお店の方に相談してください)

ほうれん草のプランター栽培

 

ほうれん草の裏話:歴史と文化の中の緑の葉

この章ではほうれん草の起源と広がり方、日本への伝来と普及への流れをご紹介します。

 

起源と世界へと伝播

ほうれん草は西南アジア、コーカサス地方やイランで最初に栽培されていたと言われています。その後、イスラム教徒の聖地巡礼によって人々の交流のお陰で東西に広がりました。伝播したほうれん草は、ヨーロッパでは西洋種、中国では東洋種が形成されました。ヨーロッパへは12世紀に北アフリカ経由で伝播し、ヨーロッパ全土には16世紀頃に広まったとされます。一方、東アジアにはシルクロードを通じて7世紀頃に中国に伝播し、江戸時代には中国から日本に入ってきました。しかし、そのアクの強さにほとんど日本国内では普及しませんでした。

 

日本での普及

江戸時代に一度伝来するも、そのアクの強さから普及しなかったほうれん草が、日本で一般的になったのは第二次大戦後にテレビで放映されたアメリカのアニメ「ポパイ」の影響です。ポパイの一幕にピンチになったポパイがほうれん草を食べると力がみなぎって解決することから「ほうれん草=力が強くなる」というイメージが広まり、一躍人気の野菜になりました。その後、日本の農家さんの努力によって栽培しやすく食べやすく品種改良が進んだのも、日本でほうれん草が普及する様になった理由です。

 

ほうれん草の驚くべき栄養価まとめ

ほうれん草は、その豊富なビタミンやミネラル、抗酸化効果のあるフラボノイドのお陰で、心臓病リスクの低減、糖尿病リスクの管理、ガンの予防、老化防止に効果が期待できます。当初日本に中国経由で伝来した時はアクが強くて普及しませんでしたが、戦後の農家さん達の努力によって美味しく生育しやすくなったお陰で、気軽に青果売り場で買え、自分でも栽培できる野菜になりました。

 

ただし、ほうれん草に含まれるシュウ酸には結石を作ってしまう恐れもありますので、適切に処理するか、そもそもシュウ酸の少ないほうれん草を調理・栽培することをお奨めします。

 

これを機に、美味しく健康に良いほうれん草と向き合ってみるのも良いでしょう。

 

ほうれん草と油揚げの味噌汁

関連情報

確かな目利きの食品販売 - きくや

きくや

長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

屋号 株式会社きくや
代表者名 城戸 憲司(キド ケンジ)
住所 東京都葛飾区柴又6-35-6
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝祭日
E-mail info@kikuya0029.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集

きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

店舗:東京都葛飾区柴又4-10-1
【店舗の営業時間は15~17時】

03-3657-0029

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 日曜日・祝祭日

error: Content is protected !!