きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

非常食には缶詰がおすすめ!?最適な選び方からお奨めの保存方法まで詳しく解説!

非常食としての缶詰

 

非常時に役立つ食料として缶詰があります。常温で長期保存ができる缶詰は、非常食に最適です。しかし、非常食としての缶詰の適切な選び方や保存方法を知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、非常食として最適な缶詰の選び方から、正しい保存方法までを解説します。正しい知識を身に付け、いざという時の備えをしましょう。

この記事を読むための時間:3分

なぜ缶詰が非常食としておすすめなのか

缶詰は、常温での長期保存が可能で栄養面が高い上に調理不要なので、非常食としておすすめです。

保存性の高さ

缶詰は常温で長期間保存できます。災害などの非常時はいつ訪れるか、いつまで続くのかわかりません。そのため、長期間の保存が可能な缶詰は頼れる食品です。缶詰は、食材を缶詰加工する際に高温で加熱し、細菌等を殺菌するので食材の腐敗を防ぎます。冷蔵や冷凍も不要で、常温での保存が可能です。この保存性の高さが、非常時において役立ちます。

栄養面の高さ

非常時には、限られた食材から必要な栄養を摂取しなくてはいけません。そのため、多くの栄養素を摂取できる缶詰は非常食に適しています。缶詰は、食材の新鮮さと栄養素を閉じ込めることができます。ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養素が劣化することなく摂取可能です。

 

また、缶詰にはさまざまな種類があり、摂取できる栄養素も豊富です。栄養面の高さからも、缶詰は非常時に適切な食品といえるでしょう。

非常食としての缶詰の選び方

非常食としての缶詰の選び方にはいくつかのポイントがあります。全ての缶詰が非常食に適しているとはいえないので、注意して選びましょう。

保存期限を確認する

非常食として缶詰を選ぶ際には「保存期間」を確認しましょう。長期保存が可能な商品を選ぶことで、災害時にも新鮮で安全な食材を確保できます。購入時には製造日や賞味期限をチェックし、保管している間も定期的に見直し、古いものから食べるなどの管理を心がけましょう。

簡単に開封できるタイプを選ぶ

非常時には缶切りなどが利用できない場面も考えられます。そのため、手で簡単に開けられるプルタブ式の缶詰を選びましょう。また、一度に食べきれるサイズを選べば、保存の手間も省けて食品の無駄を減らせます。いざという時に迅速に食料を確保するため、「開封のしやすさ」は大事なポイントです。

非常食に適した缶詰の種類

缶詰は種類が豊富でさまざまな栄養素を手軽に摂取できるため、非常食として理想的です。ただ、全ての缶詰が非常食に適しているわけではありません。非常食に適した缶詰の種類と、栄養面での特徴についてご紹介します。

タンパク質を補給できる魚や肉系

非常時の体力維持にはタンパク質の補給が不可欠です。サバやツナ、鶏肉などの缶詰は、優れたタンパク質源としておすすめです。タンパク質は、筋肉の修復やエネルギー供給に役立ちます。

カロリー補給に最適な缶詰

非常時にはカロリー補給が求められます。カレーやシチュー、やきとりなどの缶詰は、高カロリーかつ短時間でエネルギー補給が可能です。これらを備えておくと、急なエネルギー不足を防げます。

ミネラルやビタミンが豊富な野菜や果物系

野菜や果物の缶詰は、ミネラルやビタミンを豊富に摂取できます。ミカンやパイナップルなどの缶詰は、不足しやすい栄養素を効率的に摂取でき、体調を保ちつつ免疫力の維持に役立ちます。フルーツ缶に含まれるシロップは、疲労回復やリラックス効果もありおすすめです。

非常食の缶詰の保存方法と注意点

常温で長期保存が可能な缶詰ですが、より長持ちさせられるように保存方法には気を付けましょう。

最適な保存場所と条件

缶詰は常温で保存できます。しかし、直射日光が当たる場所や高温になりやすいキッチンコンロのそば、湿気がたまりやすい床下収納庫などはおすすめできません。なるべく涼しく風通しのよい場所で保管しましょう。すのこなどを使って缶詰と底の間に隙間を作ると缶詰の底に湿気が溜まるのを防げます。

期限切れや缶のへこみに注意

非常食の缶詰を長期保存する際は賞味期限の確認は必須です。また、缶詰にへこみや膨張が見られる場合は、缶詰の気密性が失われて、中身が傷んでいる可能性もあります。定期的に備蓄をチェックし、不良品を取り除いたり新しいものに交換したりしましょう。

 

「缶詰は常温保存が最適なのか?保存方法から傷んだ缶詰の見分け方まで解説!」のブログはコチラから←

非常食は、適切な缶詰を選んで備えましょう

缶詰は、長期保存が可能で栄養価が高いので、非常食としては最適な食品です。また被災時には電気やガスが使えない場合もあるので、そのまま食べられる缶詰があると、もしもの時にとても心強いでしょう。非常食に適した缶詰を選び、正しい保存方法でいざという時に備えましょう。

伊藤食品 国産 鯖水煮 銀 サラダに、汁物の具として、様々な料理に最適な缶詰

通常価格

380

(税込)
BASEで購入 Yahoo!ショッピングで購入

別途送料がかかります。送料を確認する

全国一律:600円 

(5000円以上お買い上げで送料無料)

商品紹介

美味しい缶詰を子供たちに食べさせたい 伊藤食品さんが「美味しい缶詰を子供たちに食べさせたい」という思いから作られた鯖の水煮缶 そのまま食べて良し、サラダでも良しですが、   個人的には鯖の水煮缶の汁ごと鍋に入れ刻んだ長ねぎと一緒に煮て、白だしで味付けすると簡単で美味しい汁物になります。魚の臭みが気になる方は薬味に…

関連情報

確かな目利きの食品販売 - きくや

きくや

長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

屋号 株式会社きくや
代表者名 城戸 憲司(キド ケンジ)
住所 東京都葛飾区柴又6-35-6
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝祭日
E-mail info@kikuya0029.com

コメントは受け付けていません。

特集

きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

店舗:東京都葛飾区柴又4-10-1
【店舗の営業時間は15~17時】

03-3657-0029

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 日曜日・祝祭日

error: Content is protected !!