きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

缶詰の正しい温め方とは?おいしく安全な温め方から危険なNG行為まで解説!

缶詰を湯煎にかけるための鍋

 

缶詰は日常の食卓やキャンプ、非常用の備蓄食としても利用されています。缶詰の中には、温めて食べることでその味や食感がより一層引き立つものも多いです。しかし、正しく温めないと味が落ちてしまったり、危険な場合もあるので注意が必要です。正しい温め方を知ることで、缶詰のおいしさを最大限に引き出し、安全に楽しめます。

 

この記事では、おいしく安全に缶詰を温める方法から、絶対に避けるべきNG行為まで詳しく解説していきます。正しい知識と方法で、缶詰をさらにおいしく楽しみましょう。

この記事を読むための時間:3分

缶詰の賞味期限切れについてのブログはコチラから←

缶詰を温めるメリットは?

缶詰を温めると、本来の食材の風味やうま味が増したり、料理にアレンジできたりといったメリットがあります。温めるメリットを知ることで、缶詰のおいしさをより引き出せるでしょう。

缶詰の風味を引き立てる

缶詰を温めると、本来の食材の香りやうま味がより一層引き立ちます。例えば、サバの味噌煮缶は温めると味噌のコクとサバのうま味がさらに感じられるでしょう。魚の身もふっくらし、よりおいしく食べられます。

料理にアレンジできる

缶詰を温めることで料理のアレンジの幅が広がります。例えば、温めたツナ缶にチーズを入れれば、チーズが溶けてさらにおいしく食べられます。缶詰の汁も使ってパスタに混ぜるのもおすすめです。温めるだけで料理にアレンジができるのも、缶詰のメリットといえます。

缶詰を温める前に知っておくべき基本情報

缶詰は空気や光、湿気を通さない食品用包装容器のため、常温で長期保存が可能です。真空状態で加熱殺菌しているので、保存料などの添加物も不要とされています。

缶の材質と温める際のリスク

缶詰の材質は主にスチールやアルミニウムです。缶詰の内側は、サビや腐食を防ぐためにポリエステルフィルムなどでコーティングされています。高温で温めることによって、コーティング剤が溶けだすリスクがあることを知っておきましょう。

缶詰の最適な温め方

缶詰をおいしく安全に温められる最適なやり方をご紹介します。正しく温めることで、缶詰をおいしく食べられるでしょう。

缶詰を開ける前の温め方

缶詰をそのまま温めるには、湯煎が一番最適です。缶は熱伝導がよいので、沸騰させたお湯に入れておくだけで自然と温まります。

 

沸騰したお湯の中に入れたあとは、火を必ず止めましょう。火をつけたまま蓋の閉まった缶詰を温め続けると、缶が破裂する可能性があるので危険です。お湯の中につけておく時間は缶詰の大きさにもよりますが、5分程度で温まるでしょう。温まった缶詰をお湯から出すときは、火傷に注意してください。

缶詰を開けた後の温め方

缶詰を開けた後は、電子レンジや鍋など、他の食材と同じように温められます。注意してほしいのは、封を開けたからといって、缶詰のまま電子レンジにかけないことです。電子レンジで温める際には、必ず別の容器に移しましょう。鍋で温める際も、缶詰から中身を出して温めてください。

温める際にやってはいけないNG行為

温め方を間違えると、おいしく食べられないだけでなく、危険な場合もあります。

缶のまま直火にかけてはいけない

缶のまま直火にかけてはいけません。そのまま加熱してしまうと、缶を溶接している部分や内側のコーティング剤が溶けだしてしまいます。コーティング剤は体に悪影響を及ぼす可能性もあります。また、蓋を閉めたままの缶を直火にかけると、破裂する危険性もあるので絶対に避けてください。

缶のまま電子レンジで温めてはいけない

缶のまま電子レンジで温めるのも危険です。電子レンジは電磁波を当てて物を温めます。缶は金属製なので、金属に電磁波が反射して火花が出てしまいます。電子レンジの故障はもちろん、火災の危険性もあるので絶対に避けてください。

正しい温め方で缶詰をおいしく食べましょう

缶詰を安全においしく温める方法をご紹介しました。缶詰を温める最適な方法は湯煎です。缶詰を温めることで、さらにおいしく食べられ、料理のバリエーションも広がるのでおすすめです。安全な温め方で缶詰をおいしく食べましょう。

関連情報

確かな目利きの食品販売 - きくや

きくや

長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

屋号 株式会社きくや
代表者名 城戸 憲司(キド ケンジ)
住所 東京都葛飾区柴又6-35-6
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝祭日
E-mail info@kikuya0029.com

コメントは受け付けていません。

特集

きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

店舗:東京都葛飾区柴又4-10-1
【店舗の営業時間は15~17時】

03-3657-0029

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 日曜日・祝祭日

error: Content is protected !!