きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

『土用って何?』丑の日に食べると良い食べ物とは、うなぎ以外にも

土用丑の日とは

 「土用丑の日」と言えば「うなぎを食べる夏の日」というイメージが先走ってしまいますが、実は1年に複数回あります。

  • 土用:元々は「土旺用事(どおうようじ)」という新しく命が生まれ古い命が還っていく「土」が旺盛に働く期間のことで、それが転じて季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の直前18日程度のことを言います。土旺用事を省略して「土用」と書かれるようになりました。
  • 丑の日:十二支(子・・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を日にちに当てはめた内の「丑」に当たる日のこと

 このため、年4回ある土用の期間中で、丑の日が全て「土用丑の日」になり、2024年は1月26日(金)、4月19日(金)、5月1日(水)、7月24日(水)、8月5日(月)、10月28日(月)と、年6回あります。

 

 余談ですが、「十二支」にまつわる日の話として、旧暦の新年を迎えた2月以降の最初の「午(うま)」の日に、全国の稲荷神社の総本山である「伏見稲荷大社」に農耕を司る神様が降りたとされ、その為その日を「初午(はつうま)」と呼んで、稲荷神にいなり寿司を捧げ食べる風習があります。

 

桶の中のうなぎ2匹

 

「う」の付く食べ物を

古くから季節の変わり目である「土用」には消化に良い物を食べる習慣がありましたが、それに加え「丑の日」には「う」の付くものを食べると無病息災に過ごすと信じられてきていました。

梅干しうどん

 

 

  • うどん:消化によくスルスルと食べられる。(うどん伝来の歴史についてのブログはコチラから←
  • :キュウリやスイカなどのウリ科の野菜はカリウムが豊富で、体内の熱と余分な塩分を排出してくれます。
  • 梅干し:クエン酸が豊富なので疲労回復に効果が期待できる。また梅干しの酸っぱさが減退気味な食欲を増進してくれます。
  • 牛肉:丑の日ですから牛も、高たんぱくで筋肉の増強効果豊富な鉄分で貧血の予防に、鉄分によって赤血球が増えることにより、より多くの酸素を細胞に送ることが出来るので、結果疲労回復効果が期待されます。
  • 鰻:言わずと知れた土用丑の日の代名詞、日本では縄文時代の貝塚から鰻の骨が出てきているので大昔から食されてきている魚で、文献では万葉集(629~759年完成)に「夏痩せにうなぎが良い」と読んだ歌が残っています。

 「う」の付く食べ物の他に「土用シジミ」や「土用餅」、「土用たまご」と体に良い物や、小豆の朱色が魔除けに通じることから無病息災に効果があると土用に食べる文化があります。

 

しじみ

 

 

何でうなぎが「土用丑の日」の代名詞に

 所説ありますが、一番有名なのは江戸時代の蘭学者でエレキテルで有名な平賀源内(1728~1780年)が鰻屋さんから「夏場はうなぎの売り上げが下がって困る」と相談され、店頭に「土用丑の日はうなぎ」と掲示させたら、一気に大盛況に。他のうなぎ屋もこぞって真似をして広がり「土用の丑の日はうなぎ」というのが定着していったそうです。平賀源内は蘭学者なだけでなく、江戸時代のコンサルタントでもあったのですね。

 

うな重

 

土用丑の日は、年に複数回ある「土用」と「丑の日」が重なる特別な日であり、その日には「う」の付く食べ物を食べる習慣です。特にうなぎは、江戸時代の蘭学者平賀源内によって「夏場の売り上げを盛り上げるために」という理由で広まり、今では土用丑の日の代名詞となっています。無病息災や疲労回復を願って、土用丑の日には皆さん各々様々な「う」のつく食べ物を食べて暑い夏も無病息災に過ごしていきましょう。

 

 

 

雲丹(うに)めかぶ佃煮  海の恵みを一口に。練りウニとめかぶの絶妙なハーモニー

通常価格

680

(税込)

別途送料がかかります。送料を確認する

全国一律:600円 

(5000円以上お買い上げで送料無料)

商品紹介

雲丹めかぶ佃煮 雲丹めかぶ佃煮は、濃厚な味わいの練りウニとめかぶを組み合わせたご飯のお供です。この商品はどんな食卓にもぴったりで、老若男女を問わず楽しめる逸品です。   ご飯が進むおススメ佃煮「唐辛子つくだに」   商品の特徴 深い味わい: 練りウニの濃厚な動物性うま味と、めかぶの磯の風味が融合し、口の中で…

関連情報

確かな目利きの食品販売 - きくや

きくや

長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

屋号 株式会社きくや
代表者名 城戸 憲司(キド ケンジ)
住所 東京都葛飾区柴又6-35-6
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝祭日
E-mail info@kikuya0029.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

特集

きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

店舗:東京都葛飾区柴又4-10-1
【店舗の営業時間は15~17時】

03-3657-0029

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 日曜日・祝祭日

error: Content is protected !!