きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

お歳暮はいつまでに贈る?最適なタイミングと遅れた時の対処法を解説

カレンダー

 

お歳暮は、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを伝えるために贈ります。11月頃には、スーパーやデパートなどでお歳暮のギフトを取り扱っていることもあり、特設を見て「もうそんな時期か」と気付く方も多いでしょう。今回の記事では、お歳暮を贈るタイミングや、遅れてしまった時の対処法を解説します。お歳暮を贈って日頃の感謝を伝えようと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

喜ばれるお歳暮についてのブログ「お歳暮で贈ると喜ばれるものは?もらって嬉しいおすすめギフトを解説」はコチラから←

この記事を読むための時間:3分

お歳暮を贈る時期は年末

お歳暮という言葉には「年の暮れ」「年末」といった意味があります。年末に1年間お世話になった方へ、日頃の感謝と「来年もよろしくお願いします」という挨拶を込めてギフトを贈る昔からの慣習です。

地域によっても異なる

お歳暮を贈る時期は12月13日~12月20日までとされていましたが、近年は地域によって適切な時期が異なります。そのため、贈り先の地域に適した時期に、お歳暮を贈る必要があるでしょう。ここからは「関東地方」「沖縄」「その他の地方」に分けて、それぞれに適した時期を解説します。

関東地方

関東地方は、12月1日~12月20日がお歳暮を贈る時期として適切です。他の地域よりも時期が少し早い特徴があります。人によっては、11月下旬に発送することもあるでしょう。年々時期が早まっている傾向があるため、関東地方に住んでいる方にお歳暮を贈る場合は、早めに準備しておくと安心です。

沖縄

沖縄は、12月1日~12月25日がお歳暮を贈る時期として適切です。他の地域よりも時期が少し長いという特徴があります。期間に余裕はありますが、年末は忙しい方も多く、家を空ける方もいるため、あまり遅くならない方が良いでしょう。もしお歳暮の届く時期が遅くなりそうな場合は、受け取り可能か事前に確認することが大切です。

その他の地方

関東・沖縄以外の地域は、12月10日~12月20日がお歳暮を贈る時期として適切です。年々時期が早まっているため、少し早い時期に贈っても問題ありません。年末に忙しい方や、家を空ける方もいるため、相手の状況に合わせて贈ることが大切です。しかし、お正月に食べられる数の子や鮭などの生鮮食品を贈る場合は、消費期限が長くないため、年末に届くようにすると親切でしょう。

お歳暮を贈るのに最適なタイミング

お歳暮を贈る時期は大体12月中で、それぞれの地域に適したタイミングです。しかし、時期が合っていればいつでも良いというわけではありません。相手の都合を考えて贈る日やギフトの内容を選ぶことが大切です。贈る前に、相手がお歳暮を受け取るのに都合の良い日を確認しましょう。

お歳暮を贈るのが遅れた時の対処法

お歳暮を贈る時期は年末ですが、忙しくて準備が間に合わなかったり、失念してしまったりすることもあるでしょう。お歳暮を贈るのが遅れた時には、のし紙の表書きを以下のように変えて贈ることも可能です。

 

  • お年賀
  • 寒中御見舞

 

のし紙に「御年賀」を使える期間は、お歳暮の時期が過ぎてから松の内までです。松の内も、お歳暮と同様に地域によって期間が異なります。関東の場合、松の内は年明けから1月7日まで、関西の場合は年明けから1月15日までです。

 

松の内が過ぎてから立春までの期間であれば、のし紙の表書きに「寒中御見舞」を使えます。立春は年によって日付が異なるため、カレンダーで確認しましょう。目上の人にギフトを贈る場合は「寒中御伺」を使うと相手に敬意を示せます。

 

もし立春までに贈れなかった場合は、表書きを「御礼」「感謝」「松の葉」などにして贈ることが可能です。しかし、お歳暮としてギフトを贈れなかったことに変わりはないため、相手に手紙や電話でお詫びを伝える必要があります。

最適なタイミングで贈って日頃の感謝を伝えよう!

お歳暮は、年末に日頃の感謝を込めて相手へギフトを贈る慣習ですが、地域によって少し時期が異なります。それぞれの地域に合った時期にお歳暮を贈り、日頃の感謝を伝えましょう。

伝統と革新が紡ぐ、秋の味覚の極みギフトにも – 若山商店「栗大納言ようかん」

通常価格

1650

(税込)
BASEで購入 Yahoo!ショッピングで購入

別途送料がかかります。送料を確認する

全国一律:600円 

(5000円以上お買い上げで送料無料)

商品紹介

伝統と革新が紡ぐ、秋の味覚の極み - 若山商店「栗大納言ようかん」  秋の豊かな味わいを堪能できる若山商店の「栗大納言ようかん」。    伝統ある大納言小豆と、日光連山のふもとで大切に育てられた栗を使用。この二つの素材が織りなすハーモニーは、まさに和菓子の粋を集めた逸品です。   その他のおススメ甘味商品「くせに…

関連情報

確かな目利きの食品販売 - きくや

きくや

長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

屋号 株式会社きくや
代表者名 城戸 憲司(キド ケンジ)
住所 東京都葛飾区柴又6-35-6
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日・祝祭日
E-mail info@kikuya0029.com

コメントは受け付けていません。

特集

きくや 長年スーパーマーケットを運営した経験に基づき、食いしん坊社長自ら市場に赴き厳選した食品を販売しております。実際に食べて美味しいと感じた自信を持っておすすめできる商品のみを取り扱っておりますのでぜひ一度御覧ください。

店舗:東京都葛飾区柴又4-10-1
【店舗の営業時間は15~17時】

03-3657-0029

営業時間 / 10:00~19:00
定休日 / 日曜日・祝祭日

error: Content is protected !!